1朝一から閉店までφ ★2018/05/29(火) 13:19:27.61ID:CAP_USER9NIKU
2018年5月28日 23:10
(写真)
「アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +」東京・日本武道館公演の様子。


アンジュルムが本日5月28日に東京・日本武道館にてコンサートツアー「アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 +」のファイナル公演を行った。

3月のライブハウスツアー「十人十色」を経て、4月にスタートした「十人十色 +」。本日の公演は昨年春のツアー「アンジュルム コンサートツアー 2017春 ~変わるもの 変わらないもの~」
のファイナル以来、約1年ぶりのアンジュルムの日本武道館ワンマンとして開催された。昨年に船木結と川村文乃が加入し、相川茉穂がグループから卒業した彼女たちは、
今回10人体制で通算6度目の日本武道館公演に挑戦。2時間以上にわたるパフォーマンスを繰り広げ、会場に集まった大勢のファンを熱狂させた。

オープニングアクトのつばきファクトリーとこぶしファクトリーが会場を温めたあと、アンジュルムは十人十色の鮮やかな衣装に身を包んで登場。
最新シングルの表題曲の1つ「泣けないぜ…共感詐欺」でライブをスタートさせた10人は、続けて「汗かいてカルナバル」「七転び八起き」を届けて序盤から会場のボルテージを上昇させた。
最初のMCでは本日17歳の誕生日を迎えた佐々木莉佳子に対し、メンバーとファンが「おめでとう!」と叫んで祝福。自己紹介を挟んで「カクゴして!」が披露されたのち、ライブはメンバー1人ひとりの見せ場が展開される
「十人十色メドレー」のブロックに突入した。和田彩花は佐々木と「『良い奴』」、船木結は上國料萌衣と「自転車チリリン」をデュエットし、ダンスコーナーでは和田、
竹内朱莉、室田瑞希、佐々木、船木が激しい踊りを繰り広げる。また「好きよ、純情反抗期。」では勝田里奈がセクシーな歌声でファンを魅了した。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://natalie.mu/music/news/284149